正直、セブ島へくることに
なって調べてみて、初めて
知ったのですが、目的を
もって留学をする人はほんの
一握りです。
中にはビジョンを持って、
●●をしたいから留学する!
と強く意識をして目的のため
に頑張れる人もいます。
ただ、そのビジョンが描けない
まま、なんとなく学校を選んで、
なんとなく言われるまま学び、
なんとなく留学期間を過ごし、
期間が終わったので日本に帰る。
そんな人たちのほうが圧倒的な
のだそうです。
 
 
いざ、日本に帰って留学した経験
を活かして就職・転職をしようと
したときに面接官の質問に真っ白
になる。
「留学であなたは
何を手に入れましたか?」

『……あれ?自分の留学は
なんだったんだろう?』
そう、答えられないんです。
適当なことを見繕っていう
ことはできます。
しかし、面接官はプロです。
見繕ってしゃべっているのは
お見通しなわけです。
 
 
最悪は「ねえ、それってただ
遊んできただけだよね?」
と言われてしまう。
言われなくてもそういう風に
捉えられて減点に。
留学にかかるお金はかなり
かかります。学校に支払う学費
もそうですが、生活費もかかります。
セブには働きながら学べる学校も
ありますが、それでもかかる
お金は当然あります。
 
 
だから、それ相応の覚悟をもって
みなさんきていると思います。
だから留学を無駄にはしたくない
はずなんです。
 
 
「ねえ、それってただ遊んできた
だけだよね?」と言われる留学が
いいのか、それとも
「そうなんだ!?留学してそんな
ことを学べたんだね!」と思って
もらえる留学がいいのか、
あなたはどちらを選択しますか?
 
 
ただ、大切なのは“ビジョンをもって
留学しているか”どうかです。
人は「ビジョン型」「価値観型」の
2つに分けられます。
ビジョン型は2割、価値観型は8割。
多くの方が価値観型で過去の経験に
重要度をもち、目の前の課題に取り
組むタイプです。
 
 
なのでビジョンを持て!といっても
早々にできるわけではありません。
しかし、訓練すればビジョンは描ける
ようになるし、価値観型も少し先の
ビジョンだったら描くのはそう難しい
ことではありません。
 
 
これから留学を考えている方に、
少しでも留学期間にビジョンが
描けるようにお手伝いしています。
 
 
無料相談を受け付けていますので
メッセージくれたらうれしいです。

mailmagazine

役立つコーチングメソッドからセブの近況などお届けしています。

コメントを残す