アドラー心理学 ライフスタイルはいつ作られるのか

アドラー心理学 ライフスタイルの3つの要因

ライフスタイルは、いつ作られたものでしょうか

アドラーは、4歳から5歳で作られると考えていました。

現代アドラー心理学では、8歳から10歳の間に、ライフスタイルの基本ができるとしています。

ライフスタイルの形成において、影響を与える3つの要因をまとめてみます。

まずは

身体的な影響

たとえば身長が低い

体が弱いなどの

遺伝や器官劣等性と呼ばれるものです

次に

劣等感

自分は周りと比べて劣っている部分に人は目を向けてしまいがちです

成長過程には必ず影響を受ける要因の一つです

次に

環境

親の考え方や、家族の雰囲気などです。

「家族布置」という家族に関しての様々な事柄です。

「布置」とはモノの配置のことを指します。

アドラーが特に目を向けていたのは、兄弟関係の布置だったそうです。

兄弟間での競合関係で、それぞれの特徴や傾向があります。

 

 

告知

無料試用版配布中

現在は試用版を配布中で、無料でラインアプリで利用することができます。
詳細にラインIDをご案内しているので、ぜひお友達申請してくださいね

LINE ID : @vyl8124s

 

 

YouTubeチャンネル

MyCoとMyCaが心理学やコーチングについて教えてくれるチャンネル!
Vtuberとして活動中です!!
ぜひご登録お願いします♪

 

500円からご支援が可能です

アナタノミカタの開発ご支援を募集しています。こちらを御覧ください»