松下幸之助も語るアドラーの幸せの3条件

幸せのスパイラルアップのために

アドラー心理学では人が幸せになるためには3つの条件があるとしています。

それは

1.自己受容

2.他者信頼

3.他者貢献

この3つです

自己受容は、自分が好き、ポジティブなところも、ネガティブなところも自分にOKと言える状態。

いかにお金を稼いでいても幸せを感じない人がいます。

いかに人に尽くしても幸せを感じられない人がいます。

いかに笑っていても心が満たされない人もいます。それは自己受容ができていないから。

どこかで自分を責めてしまったり、ダメ出しをしていると自己受容ができません。

どんな状態でも自分にOKをだせることが大切です。

他者信頼は、自分のまわりの人にもOKが出せる状態

人はひとりでは生きていけません。

相手のいいところ悪いところ、目につくことがあるでしょう。

相手が失敗をしても責めずに信頼して受け入れる勇気が必要です。

他者貢献は、人のためになりたい。貢献したい状態。

あなたがいる場所、コミュニティで役に立てると人は幸福感を感じます。

貢献することで人は自分が役に立てているのだと、居場所があるのだと感じるからです。

私が思うには、この幸せの3つの条件を少しずつスパイラルアップしていくことで、より大きな幸せを得られるようになるのではないかと考えています。

このお話しをしたときに、「まずどこを満たせばいいのか」という疑問がでることが多いですが、基本的にはアドラーは「Mut(気、勇気)が湧くところから」というのが答えのようです。

とはいえ、どこから手をつければいいかわからない人もいるでしょう。

そんな方は、まずは自己受容を育てていくことからはじめてはいかがでしょうか?

ちなみに、松下幸之助もアドラーと同じ様なことを述べていたそうです。

 

 

 

告知

無料試用版配布中

現在は試用版を配布中で、無料でラインアプリで利用することができます。
詳細にラインIDをご案内しているので、ぜひお友達申請してくださいね

LINE ID : @vyl8124s

 

 

YouTubeチャンネル

MyCoとMyCaが心理学やコーチングについて教えてくれるチャンネル!
Vtuberとして活動中です!!
ぜひご登録お願いします♪

 

500円からご支援が可能です

アナタノミカタの開発ご支援を募集しています。こちらを御覧ください»