iFixitがApple(アップル)の新しいiPhoneを分解し、昨年のモデルとの違いを明らかにした。iFixitはiPhone 11 Proを分解する様子をライブ中継し、iPhone 11 Pro Maxの分解の手引きを書いた。

最初の大きな違いは、iPhone 11 ProとPro MaxのバッテリーはiPhone XSとXS Maxよりずっと大きいことだ。

iPhone 11 Pro Maxは本体が0.4 mm厚くなり、スクリーンは0.25 mm薄くなった。John Gruber(ジョン・グルーバー)が予想したように、新しいiPhoneは3D Touchをやめたことで、スクリーンが少し薄くなった。3D Touchには圧力を検知するために画面の下に余分なレイヤーが必要だった。

小さな違いに思えるかもしれないが、おかげでバッテリーのためにスペースが増えた。iPhone 11 ProとiPhone XSは同じ単一セルのL型デザインだ。しかしMaxは従来の2セルから単一セルに変更された。

その結果iPhone 11 Pro Maxのバッテリー容量は3969mAhになり、1年前のiPhone XS Maxの3179mAhより25%近く改善された。

こうしたハードウェアの改良にApple A13 SoC(System-on-a-Chip)の効率の良さを組み合わせることで、バッテリー持続時間は大きく改善された。Appleは、iPhone 11 Proと11 Pro Maxは前世代機種と比べてそれぞれ最大4時間あるいは5時間長くもつようになったと公表している。

iphone 11 livestream featured 1350x900

Photo credit: iFixit

ほかのニュースとしては、カメラモジュールが(予想どおり)大きくなった。Appleは第3のカメラを収めるためにロジックボードのサイズを小さくした。

そのロジックボードはiPhone Xで導入されたのと同じ2層設計だ。チップのクラブハウスサンドイッチのようなものだ。AppleとQualcomm(クアルコム)は数十億ドルの訴訟で和解したが、iPhone 11 Proのモデムは今回もIntel(インテル)製だ。

まだわかっていないこととしては、iFixitはRAM容量を突き止めることができなかった。Steve Troughton-Smith(スティーヴ・トラウトン-スミス)氏は、ベンチマークでは検出されないカメラ専用の2GBメモリーがあるらしいと考えている

また、バッテリーコネクター2つあった。2番目のコネクターが双方向ワイヤレス充電のためなのかどうかまだわかっていない。ほかにもいろいろな可能性がある。Appleは逆方向のワイヤレス充電を追加したかったが、土壇場で封印したという噂もある。

iFixitは総合的な「修理しやすさ」を10点中6点と評価した。iPhone XSも同じく10点中6点だった。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: AI
iPhone 11 Proを分解、ロジックボードは小さくバッテリーは大きくなった