新しい『価値』の売り方

自分の価値を売ろう

留学資金の回収方法を模索していくなかで、なかなか面白いやり方を思いつきました。あるサイトを使って回収していく方法です。現在仮想通貨ブームでGakutも投資家としてビジネスをしているのは有名ですね。
「なんだ仮想通貨か」と思った方、まだ結論出すのは早いです。これから紹介するのは仮想通貨のことではありません。

 

geralt / Pixabay

 

 

自分の価値を株売りする

株式会社を設立した場合、投資家に株を買ってもらう形になりますが、それが個人でもできるサービスが昨年からできました。発行できるのは「模擬株式」と呼ばれるバーチャルな株です。「模擬」なので現金でのやりとりはできません。

「なんだ、意味ないじゃん」と思うなかれ、ビットコインでやりとりできるのです。模擬ですが、かなりのお金が動きます。2017年6月のサービス開始から1,000万円相当を調達する人も現れて密かに注目されつつあります

 

Alexas_Fotos / Pixabay

 

 

取引は通常の株式投資と同じ

例えば自分の株は1株1000円だと決めたとします。ところがあなたの株はそんな価値ないよという人が入るわけです。せいぜい200円じゃね?っていう人がいます。となると株の売買は不成立となります。
逆にあなたは1万円の価値あるから1万円で買うよという人がいると高額で株が売れるわけです。そうなるとあなたの株はその分価格があがります。

値段の上げ下げはその日に売れた値段をもとに次の日の1株あたりの値段が決まってきます。

この方法でのメリットは自分の株を売りたい人が元手なしで売れることです。買い手はビットコインがないと買えませんが、買い手のメリットは通常の株主のような役割を必ずしも負う必要はないということです。また、買い手はその株を転売できるということです。

この仕組みをうまく利用すれば、クラウドファンディングよりも資金調達の幅が広がる可能性は高いです。
特に利用できそうなのはクリエイターやボランティア活動、イベント系などが使いやすそうな気がします。
現在、上位にあがっているのは仮想通貨ビジネスの方やFX系の方がおおいように思われます。
ちなみにホリエモンもやっていますが、現在(2018年2月)13位となっています。時価総額26億9144万円となっています。

 

Pexels / Pixabay

 

 

これを「ホリエモンだからでしょ」と素通りするか
「自分にもチャンスがあるかも!?」と思ってチャレンジするかはあなた次第です。

ただ、言えることはサービスがはじまってからまだ一年たっていないということ。あなたの株が上がるのはまだまだチャンスが高いということです。

ちょっとやってみたいなという方やってみませんか?
資金はゼロ円からです。

サービス名ですが「VALU」といいます。名称の由来は「VAL(VALUE=価値) + U (YOU=あなた)」からきているそうです。

 

 

自分の「何」を価値として売っていけばいいの?

これ、正直わからないですよね。それを模索している人が留学しに渡航しているケースがほとんどです。自分の価値を上げるために留学し、今の自分に自信をつけたい。自分がより高い高見へいくために留学を通して「何か」を手に入れたいとかんがえていると思います。

しかし、その価値はただもがいていても磨かれるものではありません。ある程度照準を合わせてそれに向かってみがかなければ、見当違いのところを研磨してしまいます。自分の原石を磨くつもりが、結果的にはそこではないところを磨いてしまっていてはせっかくの武器にはなりません。

このVALUというシステムを活用するには自らの価値を自己研磨していくことになります。だからこそおすすめしたい資金調達方法です。あなた自信が磨かれればより株があがります。怠れば下がっていきます。リアルに外側から評価されていきます。つまり自分自身が商品です。もしあなたがビジネスをこれからはじめていきたいというならこのシステムを活用してみてください。うまく活用できれば、そこにターゲットが集まってきます。

僕自身もこのシステムを導入しはじめています。ちなみに登録段階で自分のFacebookなどからフォロワー数を算出して時価価値が付きます。僕の場合は0.777BTC/804,608JPYでした。

 

 

 

まだまだテスト段階なので理解できているところは少ないですが、はじめるときにお声をかけてくれればお手伝いできると思います。