ティーチングとコーチングの違い

今回はティーチングとコーチングの違いについて説明します。

 

 

ティーチングについて

ティーチングは、「教える」を意味するティーチ(teach)が語源であり、学校で先生が生徒に教育するように、知識やスキル、問題の解決方法を、対象に一方的に教えることで目標達成を促していきます。

ティーチングの大きな特徴は、「目標を達成するためにどうしたらよいかの答えは、ティーチングする側にある」というスタンスを取っていることです。

そのため、学校教育と同様に、ティーチングする側からの一方的なコミュニケーションになりがちです。

ティーチングを行うメリットは、対象が持っている知識や経験に影響を受けず、目標を達成するために必要な答えを教えることができることです。

ティーチングは一方的なコミュニケーションとなるため、大人数に対して一度に行うことができます。

しかも、自分で答えを考える時間は必要ないため、時間をかけずに行うことができます。

ビジネスの場面においては、新入社員研修やアルバイトのマニュアルを説明する際など、一度に大人数に対して人材育成を行う必要があったり、早急に目標を達成する必要がある場合に有効な手法と言えるでしょう。

一方で、ティーチングを行うデメリットは、対象の自主性や自律性が向上しにくく、受動的で依存傾向のある人材を育成しがちになることです。

ティーチングのみを行っていると、対象は指示がないと動けない、言われたことしかできないという状態になってしまう可能性があります。

ティーチングする指導者側の知識や経験に影響を受けやすいというデメリットも考えられます。

ティーチングの場合、対象に対してはティーチングする側が持っている知識や経験しか与えられないため、それ以上の目標達成を促しにくくなるのです。

 

 

 

 

コーチングについて

コーチングとは、対象の成長を促す人材開発の有効な手法の1つです。「馬車」を意味するコーチが語源とされており、「馬車」が人を目的地に届ける役割を果たすことから、コーチは対象の目標達成を支援するという意味が込められて使われるようになりました。

スポーツで選手をサポートするコーチから企業で人材育成を行うコーチ、そして資格としても近年注目される言葉となっています。

コーチングの大きな特徴は、「目標を達成するためにどうしたらよいかの答えは、対象の中にある」というスタンスを取り、目標達成を支援することです。

そのため、コーチングでは答えを一方的に教えるのではなく、対象との双方向の対話を重要視し、対話を重ねることを通して、対象の中にある答えを引き出していくという手法をとります。

「頭でわかっていても、行動できない」を解決するための支援を行うのがコーチングです。

コーチングを行うメリットは、対象の「自分で問題解決をする能力」を高められることです。

コーチングは、対話を通して対象の中にある答えを引き出していくため、対象は自分の中にある答えを考えながら、自分で目標達成に向けて問題解決を行っていく習慣が身につきます。

コーチングを行うデメリットは、対象の持っている知識や経験が少ない場合、目標達成に近づくどころか混乱を招いてしまう可能性があることです。

対象の知識や経験が不十分だと、対象の中に目標達成のための答えが存在せず、「答えを求められても、考える材料がないからわからない」という状況が発生しがちです。

コーチングを行う際には、答えを自分の中に見出せるか、対象の知識や経験の度合いを正しく把握することが必要です。

 

https://youtu.be/hfRhby0iJs4http://

 

 

 

告知

無料試用版配布中

現在は試用版を配布中で、無料でラインアプリで利用することができます。
詳細にラインIDをご案内しているので、ぜひお友達申請してくださいね

LINE ID : @vyl8124s

 

 

YouTubeチャンネル

MyCoとMyCaが心理学やコーチングについて教えてくれるチャンネル!
Vtuberとして活動中です!!
ぜひご登録お願いします♪

 

500円からご支援が可能です

アナタノミカタの開発ご支援を募集しています。こちらを御覧ください»