仕事のエンゲージメント

自分の仕事に対して
エンゲージメントを
感じている従業員は
世界中でたったの
30%しかいません。
 
 
エンゲージメントとは、
社員の会社に対する
「愛着心」や「思い入れ」を
表すものと解釈されますが、
より踏み込んだ考え方としては、
「個人と組織が一体となり、
双方の成長に貢献しあう関係」
のことをいいます。
 
 
成功を収めている会社が
注目しているのは
従業員エンゲージメントです。
 
 
ギャラップ社は1700万人以上の
従業員を対象にした調査を行いました。
 
 
その結果、エンゲージメントが
高ければ高いほど生産性が高くなり、
顧客を大事にし、安全に期を配ることが
わかりました。
 
 
また離職してライバル企業に
移ることも少なく、
エンゲージメントが強い従業員は
やる気があって、探究心が旺盛、
新しいことを学ぶのが好きで
あることがわかりました。
 
 
そして、自分の強みに集中する
機会がある従業員は、仕事に対する
エンゲージメントが6倍強くなる
傾向があり、3倍質の高い人生を
送るというデータがみえてきました。