従業員をフロー状態へ導く

組織は常に人材をふるいにかけ、
業績の悪い人を切り売上げのいい
人材を手元に残す手法を行っています。
 
 
はたしてそれが正しい判断でしょうか?
別の理由があるから会社に
貢献できていないとしたらどうでしょうか?
 
 
もし別の理由があるならば、
業績が悪い人を解雇せずに、
奮い立たせることを選択することを
おすすめします。

従業員をフロー状態へ導けば
収益にいい影響がもたらされることができます。
 
 
業績の悪い従業員を解雇することが
手っ取り早いと思っている人事が
多いですが逆に損失の方が高いことを
人事は自覚しなければなりません。
 
 
解雇すれば当然そこには人手が
足りなくなります。
空いた穴埋めをするために、
膨大な広告費をかけて、
求人広告を出し、
求める人材を呼び込むのに
膨大な時間をかけなければなりません。
 
 
はたしてその時間と費用は
回収できるものでしょうか?
 
 
基本的には回収できないと考えることです。