スタートアップ起業家が知っておくべきSEOの話し

SEOに踊らされないように

先におさえておきますが、これはあくまで個人的な価値観を含んだものです。必ずしもこれから書くような業者ばかりではないことを踏まえてお読み下さい。

現在、僕の事業のメインとなっているのがWEB制作です。こちらの事業はあまり告知していませんが、それでもお客様が定期的にご連絡いただきお仕事をいただけております。

そして、よく出て来るのが「SEO」という言葉。ちなみにサイトを立ち上げるとだいたいしばらくしてSEO会社から電話がかかってきたりします。

さて、SEOってなんじゃらほいって人もいると思います。また、SEOという言葉は知っているものの、その実態を知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

SEOとは「検索エンジン最適化」
検索エンジンのオーガニックな検索結果において特定のウェブサイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整することです。

今回、お話ししたいのは個人事業主、スタートアップの初心者起業家などをターゲットにお話ししていきます。僕自身のお客様もそういった方がメインで、先日SEOについてきかれたのでこの記事を読んでいただければ幸いです。

答えからいいます。「SEO会社を使うな」です。無駄なお金を払うだけです、ただでさえはじめたばかりでお金がないのにそういったところにお金を払うのはお金の使い道を間違えています。

また多くの場合、事業主の目的がそこではない場合が多いです。ちゃんと目的のところにお金を使っていきましょう。

 

 

SEO会社にだまされるな

SEO会社では「ホワイトハット」「ブラックハット」と呼ばれる「良質の会社」と「悪質な会社」があります。
ブラックハットの会社のSEO会社の対策はその多くのテクニックがGoogleでNGとされているものか、ガイドラインすれすれのグレーゾーンで対策をしている会社です。

・外部リンクの設置
現在ではブラックハットのSEO対策です。いつGoogleにペナルティーを受けて、検索にでないようにされてもおかしくありません。個人事業主やスタートアップ起業家にとっては致命的なペナルティーを受けることになりますのでその手の業者はさけましょう。

・キーワード含有のみを意識した質の低いコンテンツを大量に増殖させる
SEOには外部対策と内部対策とがあります。こちらは内部対策。きちんとした内容の増殖はいいのですが、内容のまったくないページを増やしても意味がありません。そんなものをさらしていたら「ここ観ても意味ないな」とユーザー側から低評価を受けて離脱されます。一定の質を守り、きちんとした記事を書きましょう。

 

 

ブラックハットあるある

まず、外部リンクの品質をアピールしてきます
これは品質うんぬんではなくGoogleがNGとしているのですから、品質がよかろうがNGはNGです

ビッグキーワードでの上位表示例をアピール
外部リンクを使っているからできることです。ビッグキーワードで検索上位に立つことが、本来の目的ではないのでそういった業者はさけたほうがいいでしょう。ペナルティーを受けた後ではなにもできなくなります。ホワイトハットSEOでは基本的にはビッグキーワードで検索上位にはいかないです。ニッチワードを狙っていきます。

早期の上位表示をアピール
外部リンクを使わないと早期上位表示はできません。1か月でなれますよといってくる会社はまちがいなく外部リンクを活用しています。

外部リンクを使ったSEO対策は業者の下請けやバイトを使って増殖させてアクセスさせます。なので、外向きはアクセス数が増えて上位に上がったかのように錯覚しますが、あなたのサイトは誰にも観られてないのと同じです。そこにお金を払うのかと考えると、僕は自分のお客様にはSEO会社を頼るなと強くお伝えしたい次第です。

また、やってるふりして何もしてない業者も多いです。相手が素人なのをいいことに定期的に管理費だけ徴収して、成果報告もしない、問い詰めて出させたら、言った日からのデータしか見せてくれない(こういう場合は確実にあわてて外部リンク作ってアクセス数を伸ばしている場合です)というクズ会社もあります。

 

 

ホワイトハットSEOでアクセス数を増やそう

正直時間はかかります。 地道な努力とそれ相応の時間を要するので大変です。ただ、ホワイトハットSEOの方があなたの提供しているコンテンツが誰にも負けない不動のものになることは間違いないでしょう。 Googleのガイドラインが厳しくなったとしても、ホワイトハットSEOで書かれたものはそうそうNGになることはないと言えます。

 

コンテンツマーケティング

ホワイトハットSEOの代表的な対策です 自作自演の外部リンクを設置せずに、良質の良いコンテンツ作りを行うことがもっとも大切な事です。

 

ホワイトハット会社のポイント

ホワイトハットな会社は自然リンクの獲得を提案してくる会社です。外部リンクが増えると上位表示されるようになるのは、他者から評価されているとGoogleが判断したときです。なので他者がリンクを拡散したくなるような良質な記事を書く提案をしてもらえるような会社とおつきあいしましょう。

検索順位よりもトラフィック量の増加を目的に ホワイトハットSEOではキーワードのみには着目していません。主軸となるキーワードからそのキーワードに関連するキーワードでの露出を増やすようにします。そのため一部のキーワードだけでなく関連性の高いもので検索されても出て来るようにコンテンツの質をあげていきます。

これをロングテールキーワードといいますが、ロングテールキーワードとは、複数の様々なワード(単語)の組み合わせにより検索されるキーワードです。 検索は必ず関係性のあるキーワードといっしょにGoogleの検索窓に入力されて検索されます。そこをきちんと考慮してくれる会社とおつきあいしましょう。

 

SEOに過剰期待するな

「SEO対策すればアクセス数が伸びる、上位表示されるからアクセス増える、だからお客さんも増えるはず!」と、多くの方は考えていると思います。

答えはNOです。正しい方法で正しい検索ワードで検索されて、アクセスした人のみがあなたの顧客となります。その道順を整えるのがSEO対策です。あなたのお客様になりえないような人のアクセス数を増やしても無駄にお金を投資するだけで、ただでさえ無駄遣いしたくないスタートアップの資金をドブに捨てることになります。そして、SEO対策するならあなたが一番届けたい人のために毎日こつこつと良質な記事を書いて増やしていくことです。努力なくしてお金でアクセス数を買っても何の意味もありませんから。

 

弊社の場合

ブラックハットSEOは全面的にやらないです。ペナルティーがかかった時の危険度が高く、お客様がスタートアップ起業家が多いとなるとペナルティーになっただけでも死活問題になるケースも充分考えられます。そのような状態になる恐れがあるものを提供するのはプロの仕事ではないと考えています。

また、ホワイトハットSEOでの内部対策はしています。スタートアップ起業家の方の場合は最初にワークシート形式でターゲット割り出しからしています。ターゲットを割り出すだけで、どんなコンテンツを書けば、相手に届くのか、どんなキーワードを使ったらいいのかがわかる、20〜50ワードでてくるシートを書いてもらっています。この出てきたキーワードを組み合わせるだけで365日、ネタがつきずに良質な記事がかけるという優れもののワークシートです。

もし、ブログやWEBサイトを作りたいけれど、デザインを頼めるところがないという方がいれば、お声かけください。

いつでもご相談お受けいたします。