コーチングは「混ぜるな危険」

コーチングをしているといろいろな課題が浮き彫りになります。
そのいろいろな課題が出てきたことにコーチが混乱していては
セッションは失敗します。
 
 
コーチにとって大切なのはどんな時も感情に寄り添いつつ、
冷静にクライアントの本質的な課題はどこなのかを見抜く
ことです。
 
 
クライアントは自分事ですから、当然混乱しています。
それにコーチが同じように混乱していたら失敗して当たり前です。
 
 
どこが本質的な課題なのかわからないときは簡単に解決できる方法があります。
それは「クライアントに聞いてみる」です。
 
 
「え?クライアント混乱してるってさっきいってたやん??」
 
 
はい、言いました。
言いたいことは簡単なことです。
クライアントのことはクライアントが一番知っているからです。
 
 
正しくは、何かしら気づいているところがあるからこそ
課題のひとつとして出てきたのです。
 
 
ですから、一度クライアントに
「いくつかでてきたけれど、今一番気になっているのはどれ?」などといった感じで
聞くのが一番なのです。
 
 
クライアントはその質問で内省をはじめます。
そこから出てきた言葉からセッションを深掘りしていくのです。


 
 
クライアントが出してきた課題全てを解決へと導くのがコーチングとして正しいことではありません。
本質を見つけてそこから解決へのステップへと導くのです。
 
 
そこ一点をやりきることがコーチとしてのコミットです。
中途半端にあれもこれもとコーチが解決しようとすると
クライアントは苦しみます。
 
 
やれないことやどうしてもやる気のおきないことをやらされる感がでてきてしまいます。
それだとコーチングそのものが効力をなくしてしまいます。
 
 
セッションに大切なのは
「混ぜるな危険」
課題をあれこれ混ぜて解決しようとしないことです。