コーチは「コーチング」するな

いきなりぶっ込んだいい方ですが、

コーチは「コーチング」してはいけません。

たぶん、これを見た仲間や同業者の方は

『はぁ?????』

となっていると思います(笑)

 

 

なぜ、いきなり僕がこんなことを言うのかを

これから説明していきます。

 

 

それは、僕がコーチとして活動してきて、

失敗した経験から言っています。

 

 

コーチングは素晴らしいスキルですし

誰もが自分らしく前に進める魔法のようなスキルです。

そして、なんでも解決できるし、

なんでも明確化できる素敵なスキルです。

でも、だからこそその「スキル」に頼りすぎて

「コーチングって素晴らしい」

「コーチングは万能」

「コーチングはなんでもできる」

とスキルばかりに視点が向いてしまい

肝心なクライアントの問題解決に視点がいかなくなってしまいます。

 

 

 

あなたがコーチであれば、気をつけてほしいのが

クライアントの問題解決をするために「コーチングする」のではなく、

「コーチングしたい」からクライアントにスキルを披露するというスタンスになってしまわないことです。

 

 

コーチングはひとつの「方法」です。

クライアントのゴールを無視してしまうコーチングは、もうコーチングとは呼べません。

ですからクライアントのゴールを忘れずにアプローチしてください。

 

 

僕自身も過去コーチングの素晴らしさに酔ってしまい、

過去大失敗した経験があります。

だからこそ、伝えたい事は「クライアント・ファースト」を忘れないこと。

自分ができることでクライアントに何ができるかです。

その時、必要なのがコーチングでないのなら、

それは無理にコーチングする必要はないのです。

 

 

コーチはコーチングを信頼しているからこそコーチをしていますが、

コーチングを過信しすぎてスキルを振りかざすようになってしまってはいけません。

コーチはクライアントが何を求めているのかをまず考えてみましょう。

信じるのはクライアントの可能性が第一です。