日々のストレスを軽減するためには自己肯定感を高めていこう!
この内容は次の方におすすめです
  • ストレスに悩んでいる
  • 自己肯定感が低いと悩んでいる
  • 自己肯定感を高める方法を知りたい

 

社会人になってから忙しい日々を過ごすうちに、小さいストレスに悩まされるようになっていませんか?

ちょっとしたことで不安・心配になる。また、落ち込みやすいという人は自己肯定感が低くなっている可能性があります。

自己肯定感が低い状態が続くと日々のストレスが増えるばかりか、不調になり最悪の場合はメンタルが崩壊してしまう可能性があります。

そうならないためにも自己肯定感というものがどんなものであるか。そして、どうすることで高めることができるのかを説明していきましょう。

 

自己肯定感とは

自己肯定感を簡単に説明すると「己を肯定する感覚」のことを指します。ありのままの自分を認め、受け入れ、尊重することで自分の価値を自ら肯定する感覚なのです。

 

この自己肯定感が高いと自分の考えに自信を持てるようになるので不必要に周りに振り回されなくなります。また、失敗に対する考えが前向きになるため落ち込む回数も減るのです。結果、失敗を次の挑戦に活かせるようになるため成功する確率があがっていきます。 

さらに、気持ちの余裕を持てるため他者への配慮ができるようになり、相手の考えを尊重することもできるようになります。こうなると周りの人からの信頼も得られるようになるため、人間関係が安定しやすくなる可能性があるのです。 

逆に自己肯定感が低い状態でいると自分の考えや存在を肯定できないため自信を持ちにくくなります。そのため、いつも不安や心配をいだくようになり他者の考えに翻弄されるようになるのです。自分のことで精一杯ですから自分本位な考えに固執してしまう可能性もあります。

そうなると、些細なことでもストレスを感じるようになり、悩む時間が多くなっていくのです。

 

 

自己肯定感を高める方法

自己肯定感を高めるメリットは沢山あります。ですから、あなたの人生をいい方向に進められるように自己肯定感の高め方を説明していきましょう。

高める方法は以下の3つです。

  1. 成功体験を積む
  2. 今のままの自分を受け入れる
  3. 自己肯定感を高めるLINEに登録する

 詳しく説明していきましょう。

 

成功体験を積む方法

成功する経験を積むことで自己肯定感は高くなっていきます。ただ、ここで注意していただきたいのは「大きな成功を集めない」「他者の成功は集めない」ということです。

日本で数十人しかできないようなことを成功させようとするのは無謀です。社内の上位が実現している成功を集めるのも難しいでしょう。

あなたの中でちょっと手が届きにくい成功を集めるようにしてください。成功率が50%くらいのチャレンジを達成することが効果的です。

 

 

今のままの自分を受けいれる

そして、今の状態の自分を受け入れるように声かけしてみましょう。「ちょっとこんなところはダメだけど、こんないい所もある。そんな自分は大切な存在だ」と自分のいいところに焦点を当てるのです。 

恥ずかしいかもしれませんが自分の長所を認め、短所があっても良いと声かけすることは大切なことです。一人のときでいいので実践してみましょう。

 

自己肯定感を高めるLINEに登録してみる

自分の力だけで自己肯定感を高めるのは難しい部分があります。そのため、他人の力をかりることも一つの手です。 

自己肯定感を高めるためにAI技術を駆使したLINEがございます。これに登録し日々活用していただけると自己肯定感を高めていけるのです。使い方も簡単です。日々使っているLINEと同じように使えるのです。気軽に始めてみてください。

 

 

自己肯定感を高めて明るい未来を築いていこう!

いかがでしたでしょうか。自己肯定感の大切さをわかっていただけたと思います。

自己肯定感は高めるために地道な取り組みが必要になってきます。簡単、かつ、短い時間で大きく変化させるのは難しいです。 

ですから、自分を大切にする習慣を身につけましょう。その習慣があなたを支えてくれる力になることでしょう。

 

 

告知

無料試用版配布中

現在は試用版を配布中で、無料でラインアプリで利用することができます。
詳細にラインIDをご案内しているので、ぜひお友達申請してくださいね

LINE ID : @vyl8124s

 

 

YouTubeチャンネル

MyCoとMyCaが心理学やコーチングについて教えてくれるチャンネル!
Vtuberとして活動中です!!
ぜひご登録お願いします♪

 

500円からご支援が可能です

アナタノミカタの開発ご支援を募集しています。こちらを御覧ください»