日本のうつ病診断者数は506万人

日本のうつ病診断者数について

 

心理学者アルフレッド・アドラーは人の悩みのほとんどは人間関係であると断言しました。

チューリッヒ生命のアンケート調査では73.4%が勤め先で何かしらのストレスを感じていると答えています。

うち、2017年では82.8%、2018年では67.9%がなにかしらの人間関係で悩んでいると答えています。

うつ病患者はアジア・太平洋地域は世界全体の約48%で、次いでアメリカ地域が約15%、欧州地域が約12%という厚生労働省のデータがあります。

うつ病患者数は1位が中国で、2位が日本、3位がフィリピンという結果になっています。

この結果は、全人口の約4%に当たり、2015年から約18%増加した。世界的に一般的な精神疾患になりつつあり、若年層の自殺増にもつながっているとして、早急な対策が必要だと指摘されています。

 

 

 

書き出すことは日本人に最適

『アナタノミカタ「MyCo-ach」』はチャットボット形式でやりとりします。『ホンマでっか!?TV』のコメンテーターで心理学者の植木氏が番組にてこのように述べていました。「トラウマについてカウンセリングするときに、自分で話すのでそれはそのまま自分の聴覚に伝わりますよね。話しをしながら傷ついていくというのが日本人にはあります。ただ、書くというのは自分の内省的な部分なので気づきやすくなります。何に気づきやすくのかというと、自分は何に囚われていて、何に計らおうとしているのかに気づけたら人はストレスがなくなるんですね。人に話すことよりも書くというほうが効果があると思います。」つまり、人は内省が進んで自己理解を深めることでストレスを軽減することができるということです。『アナタノミカタ「MyCo-ach」』はまさに、内省させるためのプログラムであり、現在100名以上の使用者も「人に話せないことが話せる」

「今まで誰にも話せないことを話せてスッキリした」

「相手が人でないのが楽」などのご意見をいただいています。

 

 

 

 

無料試用版配布中

現在は試用版を配布中で、無料でラインアプリで利用することができます。
ぜひお友達申請してくださいね

LINE ID : @vyl8124s

 

YouTubeチャンネル

MyCoとMyCaが心理学やコーチングについて教えてくれるチャンネル!
Vtuberとして活動中です!!
ぜひご登録お願いします♪