デザイン思考(デザイン・シンキング)とは人間中心デザインに基づいたイノベーションを起こすための発想法です。

 

 

人と現場への徹底したフォーカシング

designとは「設計」を意味します。デザイナーの感性と手法を用いて、ニーズと実現性、ビジネスとしての持続性を確保するための戦略をアウトプットすることで、顧客価値をマーケット機会に変容していくことがデザイン思考です。

デザイン思考を最初に提唱したと言われているIDEOではこのデザイン思考をベースに製品やサービスを利用する人の欲求を知ることを起点にし、アイデアの創出とビジネス化の検討を行う、ヒューマン・センタード・デザイン(以下H・C・D)というプロセスを提唱しています。
H・C・Dは顧客の理解からスタートします。

 

 

 

本来解決すべき問題は何か

エンパシー・ダイアグラム(共感ダイアグラム)という考え方があります。
人が「感じること」・「話すこと」・「考えること」・「行うこと」は一致しないという考えです。
つまり顧客自身も自分自身の欲求や考えを必ずしも理解しているとは限らないのです。

designthinking

H・C・Dを実際にソリューションにつなげるには、ユーザー分析をし、それを元に解決する問題を特定し、それを解決するためのアイデアを作っていきます。
プロトタイプを作り、このアイデアが有効なのかを確認し、リアルタイムでユーザーにテストしてもらいフィードバックをもらいます。

 

 

 

解決へ向けての5つのステップ

デザイン思考は、共感(Empathize)→ 問題定義(Define)→ アイデア創出(Ideate)→ プロトタイピング(Prototyping)→ 検証(Test)の5つのプロセスで展開されます。

designthinking_2
このプロセスはこころデザインのすべてのプロセスに組み込まれています。
デザイン思考をベースにしたプロセスで本来求めている部分をさがし、解決へ向けてお手伝いするのがこころデザインです。
コミュニケーション・デザインというとらえ方
デザインの世界では「コミュニケーション・デザイン」という考えがあります。人と人との間をデザインしていくという考えです。デザインとは広告という「物質」でなくてもよいのです。人と人とがコミュニケーションをしていくうえで、この「間」に何があればよい関係づくりができるのかが最重要なのです。

コミュニケーション・デザインでは、クライアントが抱えるコミュニケーションの課題解決のために、様々な手法をニュートラルな状態で考えてコミュニケーション全体を設計していきます。

 

 

メルマガ配信中

 

 

電子書籍発売中