コーチングで奇跡は起こる

今日はどうしても伝えたい話しがあります。
小林麻耶さん。
みなさんご存じですよね。
今、小林麻耶さんの妹、小林麻央さん。
がんで闘病中だということもみなさん
ご存じだと思います。

僕がコーチングを学びはじめたきっかけは
ある奇跡のコーチングがあったからです。

それはこちら≫

医者がもう身体を動かすのは無理だといった
患者さんのお話しです。僕はこの話しを動画
でみました。

非常にパワフルであつい思いのこもった
プレゼンでした。これを観たとき、僕は
「あぁ!人との関わり方ひとつで不可能を
可能にすることができるんだ!!
人を救えることができるんだ!!
奇跡っていくらでも起こせるんだ!!」と
思ったのです。

僕はこのときとても感動しました。
この宮越大樹さんを知るきっかけは
僕の上司が病気で突然死したことが
きっかけでした。会社の仕事はその
上司がほとんどとってきたようなもので
大黒柱が突然倒れたわけです。

社員全員真っ青です。
お通夜もすませ、今後どうするか
話し合いの日々です。

僕がどうすればこの会社に貢献できるか
考えました。そんな中、一本の動画を
見つけたわけです。それがチームフローの
宮越大樹さんの動画でした。
(現在では独立されています)

このコーチングを会社の人たちに使えば、
モチベーション高く皆が力を出し切れる
職場になるのではないか?
だれもが生き生きとしたすばらしい職場
になるんじゃないかと思い、片っ端から
動画を見続けました。

動画で学んだことを会社でアウトプット
しては、新しい動画を見て…といった感じで。

その中で一番感動した動画がこちらです≫

50:00あたりからご覧ください。
こんな奇跡がおこるなら絶対にコーチングは
世界を変えられるんじゃないかと思ったんです。

僕は今まで独学でコーチングを学んできました。
そして先週から、僕はチームフローの門下生に
なりました。
「現場変革リーダー養成講座」
職場を変えるインフルエンサーになるための
講座です。

そして、今日小林麻耶さんがこんなブログを
描いてくださっています。≫

少々ミーハーかもしれませんが、とても
うれしいブログ記事です。

麻耶さんもコーチングの魅力に惹かれて
くれているんだなーって。
しかも同じ門を叩いた方だったという(笑)

残り3か月、ここで学んだことをしっかり
アウトプットできるように日々がんばって
いこうと決意した今日でした。