社畜にされないためのパワハラ上司との付き合い方

パワハラ上司が存在すると、最悪の場合、あなたは社畜になります。そのため、「社畜にされないためのパワハラ上司との付き合い方」を知ることが、大変重要になるでしょう。では、どのようにパワハラ上司と接すれば、社畜にならずに済むのでしょうか。

 

 

会社内に味方をつける

 

パワハラ被害によって社畜化しないためには、「会社内に味方をつけること」が大切です。やはり、パワハラ上司がいる中で、あなた自身が会社内で孤立していると、一気に社畜化するかもしれません。一方で、会社内に味方がいれば、その存在が助けとなって、社畜になりにくいですよ。

 

 

◇同僚の味方をたくさんつける

 

会社内の同僚とは、なるべく仲良くなりましょう。やはり、「多くの同僚と仲がいい部下」は、パワハラのターゲットになりにくいものです。

「多くの同僚と仲がいい部下」を見ると、パワハラ上司は「同僚同士で結束されたら困る」と思いがちですからね。そのため、「多くの同僚と仲がいい部下」は、パワハラのターゲットになりにくいのです。

また、パワハラ被害を受けたとしても、仲のいい同僚が多ければ、愚痴などを言えます。そして、愚痴などを言うことができれば、1人で悩むことがなくなるため、精神的にも楽になれるでしょう。

 

 

◇上司の味方をたくさんつける

 

上司には、深刻な悩みも相談できますよね。やはり、パワハラ被害を受けたとしても、上司に相談すれば、的確なアドバイスをもらえるはずです。また、上司に相談をすれば、あなたが社畜にならないために、何らかの対処をしてくれるかもしれません。だからこそ、上司の味方も、たくさんつけるべきなのです。

 

 

◇パワハラ上司の「上司」を味方につける

 

パワハラ上司にも、「自分の上司」がいるでしょう。そして、パワハラ上司であっても、「自分の上司」には頭が上がらないはずです。だからこそ、パワハラ上司の「上司」を、味方につけることも大切でしょう。

パワハラ上司から被害を受けても、パワハラ上司の「上司」に相談できるので、とても心強いですよ。

 

 

パワハラ上司の言動を真に受けない

 

パワハラの種類として、「言動のパワハラ」がありますよね。「言動のパワハラ」とは、言葉による暴力のことです。例えば、「仕事遅いから辞職したら?」なんて言われたら、それは「言動のパワハラ」になります。

「言葉のパワハラ」をされたとしても、真に受けてはいけません。仮に、「言葉のパワハラ」を真に受けてしまったら、一気に社畜化するかもしれませんよ。

例えば、「仕事遅いから辞職したら?」という言葉を、真に受けたとします。この場合、「辞職したくない」という一心で、パワハラ上司の指示を、全て聞くことになるはずです。これでは、一気に社畜化してしまいますよね。

「言葉のパワハラ」をされたとしても、真に受けることなく、聞き流すことが大切なのです。

 

 

パワハラ上司の言いなりにならない

 

パワハラ上司からは、ときに過度な要望を受けることがあるでしょう。例えば、自分では片づけられないほどの仕事を強いられた場合、それはパワハラになります。また、例えば、深夜までの残業を強いられた場合も、パワハラに該当するかもしれません。やはり、パワハラ上司からの過度な要望に応えていたら、社畜化しやすいでしょう。

パワハラ上司から過度な要望を受けたとしても、自分の意見を通すことが大切です。例えば、パワハラ上司から深夜残業を強いられた場合、それが嫌なら、断って帰宅すべきなのです。

 

 

辞めてもいい姿勢を見せる

 

「会社を辞めてもいい姿勢」をパワハラ上司に見せると、パワハラ被害は少なくなるかもしれません。やはり、「この部下はいじめても会社を辞めないな」と思われたら、パワハラはエスカレートしやすいでしょう。一方で、「この部下は会社を辞めるかもしれない」と思われたら、「辞められたら困る」という意思が働き、パワハラは少なくなるかもしれません。

ただし、「部下が会社を辞めてもいい」と思いながら、パワハラをする上司もいます。そのような上司に「辞めてもいい姿勢」を見せても、無意味ですので注意してください。

 

 

逃げ場を認識する

 

パワハラを受けている中で、「この会社に居続けなければいけない」と思ったら、どうなるでしょうか。おそらく、「今後もパワハラを受けることになる」と考えてしまい、心はどんどん病むはずです。このように、逃げ場がないと、心はどんどん病むのです。

パワハラ被害を受けているのなら、逃げ場を作ることが大切です。例えば、「社畜化される前に転職すればいいや」と思えれば、「転職」という逃げ場ができて、心は楽になりますよね。

パワハラに遭っているとしても、絶対に逃げ場はあるでしょう。だからこそ、逃げ場を見つけて、「逃げ場があるから大丈夫なこと」を認識すべきなのです。

 

 

まとめ

 

パワハラ被害を受けて社畜にならないためには、「パワハラ上司との付き合い方」が重要になってきます。例えば、会社内に味方をつける・辞めてもいい姿勢を見せるという具合に、様々な「パワハラ上司との付き合い方」を意識してゆきましょう。

また、「転職すればいいや」という具合に、逃げ場があることを認識することも大切ですよ。